マイクロビットを簡単に使うための5つのステップ

ステップ1:つなげる

micro:bitをマイクロUSBケーブルを介してコンピューターにつなげます(スマートフォンやタブレットを使いますか? モバイルデバイスからmicro:bitへケーブル接続する方法についてはこちらをクリックしてください)。 Mac、PC、ChromebookおよびLinuxシステム(Raspberry Piを含む)はすべてサポートされています。 楽しいアプリがありますので、試してみてください!

あなたのmicro:bitは、'MICROBIT'という名前のドライブとしてコンピューターに表示されます。ただ、普通のUSBディスクではないことに気をつけてください。

ステップ2:プログラミング

私たちのすばらしいエディターを使って、初めてのmicro:bitプログラムを書いてみましょう。 例えば、下の図のように、Javascriptブロックエディターでいくつかのブロックをドラッグ&ドロップしてシミュレーターでプログラムを動作させてみてください。

ここをクリックして試しに自分でこの例を作ってみる

ステップ 3:ダウンロード

エディターでダウンロードボタンをクリックしてください。 micro:bitが読み取り可能なプログラムのコンパクトな形式である、hexファイルのダウンロードがはじまります。 hexファイルがダウンロードされたら、USBドライブにファイルをコピーするのと同じようにmicro:bitにコピーしてください。 Windowsでは右クリックして、[送る]→MICROBITを選ぶこともできます。

Windowsで[送る]

Windowsの「送る」コンテキストメニューを使う

Macでドラッグ&ドロップする

ステップ4:さあ、遊ぼう

あなたのプログラムが書き込まれる間、micro:bitは一時停止し、micro:bitのうら側の黄色いLEDが点滅します。 終わったら、プログラムが自動的に実行されます。 MICROBITドライブは、プログラムするたびに自動的に取り出されたり認識されたりしますが、ドライブ内のhexファイルは消えてしまいます。 micro:bitはhexファイルを受け取ることしかできず、なにかを保存できるわけではありません!

さて、どんなカッコいいものを作りましょうか?micro:bitはボタン、明かり、動き、温度に反応することができます。無線機能を使って他のmicro:bitに無線でメッセージを送ることもできます。

ハードウェアのページを確認して、インスピレーションをふくらませてください。

ステップ5:マスターする

このページではmicro:bitをどう使い始めるか説明していますが、JavaScriptブロックと同じように、PythonやテキストベースのJavaScriptを使ってmicro:bitをプログラムすることができます。 プログラムしましょうページを開いて別の言語について見てみたり、アイデアページで何か試してみたいことがないか確認してみてください。

スマートフォンやタブレットからmicro:bitをプログラムする

モバイルデバイスを使用していますか?スマートフォンやタブレットからBluetoothを使ってmicro:bitをプログラムできます。詳しくはここをタップして始めましょう!

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.