影響および研究結果

教室でmicro:bit

誰でもプログラミング

私たちは、STEMで働く典型的な労働人口を超えるインパクトを現実世界へもたらすことをミッションとする非営利団体です。 このミッションに合っているか確認する研究を依頼します。

micro:bit 本 プロジェクト

教科の横断

プログラミングはコンピュータ教育クラスだけのものではありません!micro:bitのプロジェクトの中には、デザインテクノロジー物理学、そして芸術音楽クラスを含むすべての科目で優れたものがあります。

スリランカ

世界中で

始まりはイギリスでしたが、今やmicro:bitは世界中の教室で利用されています。新しい研究が異なるソースから発表されるたびに、このページで公表いたします。

英国の研究結果

BBCは以下の学生たちに最大100万のBBC micro:bitを無料で送った後に影響度調査を依頼しました。

  • イングランドとウェールズの7年生
  • 北アイルランドの8年生
  • スコットランドのS1生
影響度調査を通じて以下が分かりました。 [BBC]:

  • 90%の学生が、micro:bitは誰もがプログラミングできることを示してくれたと述べました。
  • 86%の学生が、micro:bitはコンピュータサイエンスをもっと面白くしてくれたと述べました。
  • 70%の女子は、micro:bitを使用した後に学校でコンピュータ科目を選択すると述べました。
  • 85%の教師は、それはICT/コンピュータサイエンスをもっと楽しくしたと同意しています。
  • micro:bitを使用した教師の半分は、コンピュータ教育に対してあまり自信が無いと述べた教師ほど、教師としての自信が増していると感じています。
  • Sentance et al., 「カッコいいものを作る」生徒たちのBBC micro:bitの経験、キングスカレッジロンドン

より詳しくは、BBCプレスリリースをご覧ください。 財団は現在イギリスの新しい研究に取り組んでいます。 オリジナルのプロジェクトでmicro:bitを受け取っていて、この研究に参加したいならばお問い合わせください

将来の研究に参加する

私たちは継続して新しい研究を行っており共同研究を歓迎します。 影響度調査についてもっと聞いてみたいか、貢献したいならば、通常の連絡手段でご連絡ください

研究

利用者の声

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.